薬剤師志望動機の例文<※自衛隊>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※自衛隊>

薬剤師志望動機の例文<※自衛隊>

■病院から自衛隊に転職する場合
今まで私は病院で薬剤師として調剤を中心とした業務を行ってきました。経験を積み、スキルアップも達成してきたという自負がございます。自分の薬剤師キャリアを考えた時、ずっと同じ職場で仕事をしていてはマンネリ化してしまうのではないかとも考えだしました。転職先を考えた時、自衛隊の薬剤師の存在を知り興味を持ちました。国家公務員という立場に立ち、自衛隊の一員として陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに配属され、国防を守るという非常に尊い組織の中で、自分の薬剤師としての経験や技術を発揮していくことができることを嬉しく思います。病院時代より色々と業務内容も増えることと推察しています。しかし、私としては今まで経験したことの内容な業務にも携われ、自衛隊員の一員となれることに一人の日本人として大変誇りに思えることです。

■出産後に自衛隊に復職する場合
出産を機に自分の薬剤師としてのこれまでのキャリアやこれからのことを考えました。日々、安全で平和で暮らせていることを幸せに思うと同時に、このことを支えている存在としての自衛隊員の事を考えました。そして、自衛隊にも薬剤師が存在することを知り、興味を持ちました。そして、自分の子供の将来の平和のためにも自衛隊の存在は不可欠であることを認識、薬剤師として自分の経験や技術を発揮する場として、自衛隊への復職を本気で考えるようになりました。災害時などの非常時に他の自衛隊員と一緒に現地に出向いて、食品や飲料水などの衛生管理や隊員の健康管理に付随して生じる薬品管理などを行うことは隊員の活動を支えるためには重要な役割となります。このような大変意義深い職場で薬剤師として働くことを決意し志望させていただきました。

■第二新卒で自衛隊に転職する場合
学校の薬学科にいって薬剤師資格を取得したいと思った昔の自分の夢は、薬剤師として社会に大きく貢献できる人間になりたいということでした。しかし、学校卒業後には自分の夢を実現させるためにどういった職場が適切なのか分からず、一般企業に就職しました。そして、薬剤師としてどのような場で貢献するのが良いのかを日々考えてきました。その結果、自衛隊の薬剤師というのが自分の中での答えになりました。国防の最前線で働く自衛隊員の方々の衛生管理や健康管理に関わる事は非常にやりがいを感じます。病院などで働く薬剤師に比べれば色々と大変で忙しい面のあると推察しますが、私はむしろそういった環境で仕事をしたいです。そして、国を守る自衛隊の方々をサポートする事は、間接的には国民のために仕事をすることになります。当初の自分の夢の実現にもつながると考え、志望させていただいた次第です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.