薬剤師志望動機の例文<※介護老人保健施設>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※介護老人保健施設>

薬剤師志望動機の例文<※介護老人保健施設>

■病院から介護老人保健施設に転職する場合
これまで病院で薬剤師として働いてきましたが、日本は高齢化社会を迎えていることもあり、年配の方々が服用する薬の調剤を行なう機会が多かったです。これからの日本社会ではこうした高齢の方々に対する介護にともなって、薬の調剤や服用補助といったニーズがますます高まっていくものと思っています。私は、病院での勤務を経験し、高齢者の方々に対する薬の調剤などを中心とした業務に携わりたいと考えるようになり、今回応募させていただきました。高齢の方の薬の服用に際しては、安心して服用してもらえるように十分な薬の説明などコミュニケーションは欠かすことができないと思います。このことは病院で勤務している時には心がけてきたことであり、介護老人保健施設に転職した後にも活かしていくことができると考えています。

■出産後に介護老人保健施設に復職する場合
出産前後、私は体が自由に動けないために夫や親などの助けに支えられました。周りの人間に支えられるという経験を通じて、私は親や祖父母が介護を必要になった時のことを想像しました。体が自由にならないというつらい状況で、安心して何種類もの薬を服用することは大変であるのではないかと。薬剤師ならではの視点ではありますが、介護を必要とする老人の方々に安心して服用していただける薬を調剤し、その服用をサポートすることはとても意義深く重要なことであるという考えに至りました。そして、出産後の私は、一般病院や診療所などではなく、病気や怪我で日常生活をスムーズに送ることができない老人の方々に安心して薬を服用してもらうことを実現させるために、介護老人保健施設への復職を希望し、応募させていただいた次第です。

■第二新卒で介護老人保健施設に転職する場合
私の祖母は実際に介護老人保健施設でお世話になった経験があります。その際、医師や看護師をはじめ医療スタッフのサポートもあり祖母は回復し、日常生活をできるようになりました。祖母のこのような経験を機に、一人の医療スタッフとして人の役に立ちたいと思い薬剤師資格を取得しました。取得後は、諸事情で一般企業への就職となりましたが、薬剤師を目指した時の想いが日に日に熱くなってきて、すぐにでも転職したいと思い立ち、前職をやめる決意をしました。そして、転職先として御施設を志望するに至りました。自分の志を達成するために、昔、祖母がお世話になった介護老人保健施設という場で、老人の方々のために薬剤師として貢献できれば本望です。御施設に転職した暁には、病気や怪我で困っている老人の方々とのコミュニケーションを大切にしながら薬剤師としての仕事を遂行していきたいです。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.