薬剤師志望動機の例文<※クリニック・診療所>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※クリニック・診療所>

薬剤師志望動機の例文<※クリニック・診療所>

■病院からクリニック・診療所に転職する場合
○○病院においては薬剤師として、調剤を主体とした業務にあたっていました。また、薬品の管理なども任され年月を経るとともに信頼もいただけるようになりました。しかし、私としてはより患者との距離感が近い職場で調剤業務などを行なう事を願うようになりました。なぜなら、自分が調剤を行って出した薬がどのような患者さんのところに行き届くのか、また、その患者さんに対して安心して自分が調剤した薬を服用していただけるように丁寧に説明をしたいと思ったからです。患者さんとのコミュニケーションが患者さんへの薬の処方に際しては特に重要なのではないかと思うのです。それでこそ薬剤師の業務を全うできたことになるのではないかと私自身は感じるわけです。こうした自分の希望を叶えるためにも地域に密着し地元の方々から信頼を得ておられる御クリニックへの転職を第一に願っている次第です。

■出産後にクリニック・診療所に復職する場合
出産前には私は一般病院で薬剤師として調剤を主体とした業務を行なっていました。出産前後には病院の産婦人科で医師や看護師の方々から励ましを受けながら、安定した精神状態で入院期間を過ごせました。そして、無事に元気な赤ちゃんを産むことができました。医療スタッフの何気ない一言であっても患者を大きく勇気づけること、安心感を与えることがあるということを出産を通じて身をもって体験しました。この経験を経て、私は、一般病院よりもより患者に密着した医療機関であるクリニックの薬剤として患者さんと正面から向きあって調剤業務にあたりたいと思うようになりました。出産のために休職して、しばらく業務から遠のいていますが、今ではクリニックに薬剤師として復職したいという欲求が強くなり、御クリニックの求人に応募させていただきました。

■第二新卒でクリニック・診療所に転職する場合
学校卒業後は薬剤師資格を活かさず、医療とはまったく異なる業種で営業として働いていました。まずは、まったくの異業種で社会にもまれてから薬剤師の仕事をしようと考えていたわけです。もちろん、営業職として日々色々な方々とお会いすることは大変刺激的で楽しい仕事ではありますが、やはり、私は薬剤師として働くことが自分の本分であると改めて確認することができたことも事実です。ここ最近でも病気で病院にかかって薬も処方されました。服用する薬を見ては、薬剤師への想いが日に日に強くなり、その衝動を止めることができなくなり、前職のキャリアを捨てて、思い切って薬剤師へと転職する決意をしました。薬剤師として、私は患者さんとより近い距離で仕事がしたいので、この地域に密着した御クリニックへの転職を志望するに至りました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.