薬剤師志望動機の例文<※化粧品メーカー>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※化粧品メーカー>

薬剤師志望動機の例文<※化粧品メーカー>

■病院から化粧品メーカーに転職する場合
今までは一般病院で調剤をメインとした業務を行ってきました。病気の患者さんに対して自分が調剤した薬が行き渡り、その薬を服用して快方に向かっていくということを目の当たりにして、まさに薬剤師冥利であると仕事に対する誇りとやりがいを感じてきました。しかし、私は、同時にずっと調剤業務だけで薬剤師としての仕事を全うしたいとは思っていません。資格を活かして、違った環境で働きたいと思うのです。私も一人の女性として美と健康には日々注意して生活しています。化粧品をはじめ、シャンプーなどの日常品、サプリメントなどは私自身も生活の必需品であるわけですが、こうした商品の研究開発の場に携わって、世に商品を出していくプロセスにかかわりたいという想いが強くなりましたので、御社を転職先として志望させていただいた次第です。

■出産後に化粧品メーカーに復職する場合
このたび出産を経験することによって、しばらくの間、薬剤師の業務から遠ざかっていました。出産する際の入院時、気持ちに余裕があるときには、毎日いつものようにお化粧は欠かせませんでした。主人を含め、いつだれが来るか分からなかったからです。出産という場においても、女性はおしゃれに気を遣う存在などだなと心の中で笑いました。同時に、はっと気付かされたこともあります。それは、女性にとって化粧品は切っても切れない必需品なのだと。自分も含め、それだけ女性が執着する化粧品の発売に至るまでには、様々な研究開発がなされるわけですが、私もその現場で自分の力を発揮してみたいと強い衝動に駆られました。女性ならではの視点を活かし、化粧品やその他の商品の開発のために貢献できればと願っています。

■第二新卒で化粧品メーカーに転職する場合
前職は別業界ではありますが、やはりメーカーで総合職として働いていました。事務をやったり営業的なこともやり、色々な経験をさせていただきました。また、前職において、お客様のニーズがなんであるのか、また、ニーズに応えていくためには、メーカーとしてどのような商品開発が必要であるのかを日々模索しておりました。御社に薬剤師として研究開発の部門に配属された暁にも、こうした前職での経験を十分に活かすことができると確信しています。一人の女性として当然思う事ですが、化粧品は女性にとって不可欠なツールです。安全で信頼性があり、女性が望むような美肌を維持する化粧品創りを理想としている御社の理念と企業方針に共感し、その実現のために微力ながら貢献することができればという切なる思いから応募させていただいた次第です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.