薬剤師志望動機の例文<※CRO>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※CRO>

薬剤師志望動機の例文<※CRO>

■病院からCROに転職する場合
これまで私は病院で調剤や薬品管理の業務にあたってきました。自分が調剤した患者さんと接する機会もあり、薬を服用して徐々に病気が回復していく姿をみては、薬剤師という仕事に充実感や誇りを感じることができます。また、同時に最近になって日々扱っている医薬品の開発や研究にも興味を持ち始めました。実際に患者さんに行き渡る前の医薬品の開発やそのための基礎研究に携わり、CROの立場として製薬メーカーに貢献できたらという想いが強くなってきました。病院での調剤業務を通じて経験したことを活かし、さらには、新薬を待ち望んでいる患者さんが世の中にはたくさんいるという事実を認識し、CROとして臨床試験実施に携わっていきたいと考えています。臨床開発を行なっていくためには被験者とうまくコミュニケーションを取ることも大切だと思いますが、病院で勤務していた際にも患者さんとの接触を大切に考えてきた私の持ち味を発揮できたらと思います。

■出産後にCROに復職する場合
出産を機に薬剤師としての職務からしばらく離れていましたが、このブランクの間に色々と自分の人生や仕事のことについて考えました。私自身も含め、多くの人々が医薬品の存在によってどれだけ救われているかということを実感しています。また、同時に医薬品の開発には並々ならぬ努力や臨床試験実施に参加する被験者の存在もあります。このように、出産という仕事の現場から離れていた間に自分を見つめなおす時間ができたことで、私たちの生活に必要不可欠な医薬品の開発・研究という現場に興味を持ち始めたわけです。薬品の調剤や薬品管理といった仕事ではなく統計解析、モニタリングやデータマネジメントなどを行ったりと、医薬品の開発にかかわる仕事を薬剤師として貢献したいと思うようになり、御社を志望させていただきました。

■第二新卒でCROに転職する場合
学校卒業後には、一般企業で営業職として仕事をしていました。元々、私は薬剤師資格取得してCROとして働くことを考えていましたが、卒業時にはそのご縁がなかったことと、他業種で社会経験をして、そこでの経験や実績をCROに転職する際に活かせればという想いがありました。前職では数年間の勤務経験がありますが、自分の中では一区切りついたという気持ちがあります。そこで私はこれまでのキャリアを思い切って捨て、当初かたの夢であるCROで仕事をすることに向けて動き出したわけです。前職では営業職として日々、色々な方々と接触する機会がありました。人とのコミュニケーションは得意だった自分の持ち味がさらに磨かれたと思っています。これをCROに転職した暁には周りのスタッフや被験者との接触の際に役立つものと考えています。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.