薬剤師志望動機の例文<※CSO>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※CSO>

薬剤師志望動機の例文<※CSO>

■病院からCSOに転職する場合
これまで私は病院で薬剤師として調剤をメインにした業務で自分の経験と技術の向上に努めて参りました。日々、薬剤師として色々な医薬品と接触していますが、特に近年は、医薬品産業を取り巻く環境が大きく変化してきていると感じています。ジェネリックの登場も大きな変化の一つだといえます。病院で薬剤師として現場での経験をしてきましたが、その経験を踏まえて、優れた医薬品を世に浸透させていくことの重要性を認識しています。そのためには、製薬企業の戦略は非常に大切だと考えます。CSOの活用があってこそ製薬会社の発展や医薬品の普及があるものと考えています。こうした意義深いCSOで私の今までの経験や知識を活かして御社に貢献できれば本望です。御社の優れた医薬品を必要とする患者さんに行き渡るように尽力したいと願い、志望させていただきました。

■出産後にCSOに復職する場合
出産に際し、薬剤師としての業務からしばらく遠ざかっていたわけですが、出産を機に自分の子供とゆっくり時間を過ごすことが経験できたおかげで、自分のこれからについても考えることができました。周りに当然のように存在する医薬品は、その開発・研究に膨大なお金と時間がかかっています。こうした優れた医薬品は、その効能が発揮されると考えられる患者さんの元に、まずは行き渡ることが大切なんだと思うようになりました。そうでなくては宝の持ち腐れになってしまいます。医薬品が広く世の中に行き渡るにはCSOの役割が大きいと知りました。CSOで自分の薬剤師としてのこれまでの経験と知識を活かし、さらに磨いてくために、新薬の開発やその普及に力をいれている御社に共感を覚え、御社で微力ながら貢献したいと思い志望させていただきました。

■第二新卒でCSOに転職する場合
私は薬剤師資格を保有していますが、学校卒業後はその資格を活かした仕事には就かずにこれまで生活してきました。薬剤師の資格を取得するまでは調剤業務に興味があったものの、いざ、資格を所有すると、調剤をメインとした仕事を自分が本当にやりたいのだろうかと自問し、NOという結論を出したからです。しかし、薬剤師とはまったく異なる業界で仕事をしてきて、私たちは日常的に様々な医薬品と接する機会が多いことに気付かされました。そして、その医薬品の普及にはCSOの貢献、影響が大きいことを知りました。本当に優れた良い医薬品は世に広まって、多くの患者さんの手に行き渡るべきだと考えます。そうした考えを実現させるために、私は今までのキャリアを捨て、CSOに転職して薬剤師としての資格を活かすことが転職ではないかと考えるようになり、御社を志望させていただいた次第です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.