薬剤師志望動機の例文<※独立行政法人>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※独立行政法人>

薬剤師志望動機の例文<※独立行政法人>

■病院から独立行政法人に転職する場合
今まで一般病院で調剤や薬品管理を中心とした仕事に携わってきました。しかし、自分の薬剤師としてのスキル・経験をさらに高めていくために、より高度な医療を実施する現場に転職したいと考えるようになりました。そして、私としては国の威信をかけて設立され、最新鋭の研究を行なっている機関で薬剤師として業務を行なっていけたらという想いが強くなり、今回応募させていただいた次第です。一般病院とは異なり、がん医療における調剤、混注業務、服薬指導等があったり、研究対象となっている疾患の薬剤を患者さんに投与したり服用補助をしたりすることもあるかと思います。私としては、一般病院では経験できない最先端の医薬品を扱い、実際に患者さんとコミュニケーションを取りながら任務を遂行していきたいと考えています。

■出産後に独立行政法人に復職する場合
私はこのたび初めて出産を経験しました。自分の子供を抱き上げて幸せを感じると同時に、安全に子供を産めるのも医療技術が確立していることの裏返しでもあると実感しました。そして、様々な疾病の研究や出産・育児に関係する成育医療の研究などを行なっている各独立行政法人の社会への貢献について思いが至りました。そして、私はこれからの薬剤師キャリアを独立行政法人にささげようと決意したのです。一般的な病院や診療所での調剤を中心とした業務ではなかなか経験できないことを仕事として日々行なうことができるという単なる好奇心からだけではなく、多くの人々の健康回復や成育に役立つ研究を行なっている独立行政法人で、自分のこれまでの薬剤師としての経験や知識を活かしていきたいという想いがあります。この想いを実現させるため、志望させていただきました。

■第二新卒で独立行政法人に転職する場合
学校卒業は縁が無く、薬剤師として仕事をすることができませんでした。薬剤師であればどんな仕事でも良いというわけではなく、規模の大きな研究機関などで薬剤師として自分の知識を活かして貢献したいという想いが強くありました。前職では薬剤師はまったく異なる仕事をしておりましたが、何年かたって、日に日に薬剤師として社会に広く貢献したいという想いが強くなってきました。この自分の想いを実現させるためには、独立行政法人に転職して、その中で研究や臨床実験などのサポートをする形で薬剤師として携わることが、当初自分が思い描いていた理想に近づくと考え、応募させていただきました。転職の暁には、患者さんに対して質の高い医療を提供するために薬剤師として、医師や看護師など他の医療スタッフとコミュニケーションを密にして達成していく所存です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.