薬剤師志望動機の例文<※メディカルライター>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※メディカルライター>

薬剤師志望動機の例文<※メディカルライター>

■病院からメディカルライターに転職する場合
私は薬科大学を卒業後、長年病院で薬剤師として調剤や医薬品の管理、患者さんへの医薬品服用の指導を中心に業務にあたってきました。色々な年齢の方々と接触することで感じたことは、市販薬を含めて薬に対する知識が一般の方々は不足しているということです。適量、正しい服用方法を守るという事が意外と軽視されているという現状に驚いたものです。そこで、私はこれまでに経験してきた病院での薬剤師としての実績や医薬品に対する知識を活かして、一般の方々に適切な医薬品の服用方法などをアドバイスするような仕事をしたいと感じ始め、このたび、メディカルライターに転職する決意をしました。ライターとしての経験はありませんが、医薬品に関する知識はありますので、執筆に関しては逆に色々とアドバイスをいただきながら、分かりやすく役に立つような記事を書いていけたらと思います。

■出産後にメディカルライターに復職する場合
出産前は調剤や薬品管理をメインに行う仕事に従事しておりましたが、出産を機に色々と自分の今後のキャリアなどを考えました。もちろん病院やメーカーなどに復職して薬剤師としての経験と知識を活かすことも選択肢の一つですが、私としては医薬品の知識や市販薬の服用方法など、一般の方々が意外に知らないで見落としがちなことなどを伝達していくことをやっていきたいと思うようになりました。正しい医薬品の服用方法を守らないために副作用を生じてしまったり、予期しない症状が出たり、回復が遅れるといった状況に陥ることがあることを訴えていきたいのです。そのためには、現場で調剤などの仕事をしていては難しいので、このたび、メディカルライターとして復職する決意をし、御社にお世話になりたいと思い応募させていただきました。

■第二新卒でメディカルライターに転職する場合
薬科大学を卒業後、薬剤師資格を活かして調剤業務などを行なうクリニックで働いていました。子供からお年寄りまで様々な方々に対する調剤業務を行なう事で薬剤師としてのスキルアップを果たし、知識もさらに増やしていくことができました。また、患者さんとのコミュニケーションを通して感じたことがあるのですが、それは、一般の方々は意外に医薬品の服用方法を軽視しているという事です。服用回数、服用量などは綿密に計算されているわけですが、多く飲んだ方が効き目があるのではないかとか、1日3回と処方されているが2回で十分じゃないかなどと勝手に判断される人も多いという事です。こうした医薬品に対する間違った見方や誤服用のリスクなどを多くの人に知ってもらうため、私はメディカルライターに転職する決意し御社を志望させていただいた次第です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.