薬剤師志望動機の例文<※医薬品メーカー>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※医薬品メーカー>

薬剤師志望動機の例文<※医薬品メーカー>

■病院から医薬品メーカーに転職する場合
私が薬剤師の道を志したのは、子供のころに風邪をひいてなかなか治らず大変な思いをした時に、病院で処方された薬を飲んで快方に向かって心身ともに大変楽になったという原体験にさかのぼります。子供ながらに薬ってすごいな、魔法のようだなと感じました。年月が経つにつれて、その魔法のような薬を研究開発しているのは主に医薬品メーカーであり、そこで働く薬剤師が活躍しているという事を知って、この道を目指しました。今までは病院で調剤業務を中心に行なってきました。これは、現場で医薬品を直接扱うという立場を経験したかったからという思いからです。この経験を踏まえ、今度は私が子供のころからあこがれていた医薬品メーカーで薬の開発にかかわって、病気等で苦しむ人々の助けとなれるように貢献したいと切に願い、御社を志望させていただきました。

■出産後に医薬品メーカーに復職する場合
出産を経験して医薬品メーカーで自分の力を発揮したいという気持ちが強くなりました。それは、出産前や後に病院で医師や看護師のみなさんから色々なケアをしていただく中で、薬を服用する機会があったのですが、出産という非常に尊い瞬間においても医薬品は不可欠であり、人間にとって本当に身近なものだと感じました。そして、医薬品の研究開発に携わって、人々のためになる医薬品を世に出していくために自分が貢献できたらどんなにすばらしいことかと考えたことが大きな志望動機です。出産で薬剤師の仕事を休職したわけですが、仕事からいったんは身を引いて客観的に薬剤師の業務を考えた時、私は、病院などでの調剤などの仕事ではなく、その医薬品の開発に貢献して人々が安心して使用できるようなものを作っていくことに一人のスタッフとして参加したという想いが強くあります。

■第二新卒で医薬品メーカーに転職する場合
私は薬剤師の資格を取得した時から、いずれは医薬品メーカーで医薬品の研究開発に携わりたいと考えていました。しかし、学校卒業後にすぐに医薬品メーカーに就職するというプロセスは考えずに、まずは薬剤師という職種から離れて社会人を経験したいという考えの元、一般企業で総合職として働いていました。本当に自分が薬剤師として医薬品メーカーで研究開発をしたいという欲求があるのかを客観的に確認するために、敢えて自分の身を薬剤師から距離のあるところに置いてみたわけです。そして、医薬品というものが日常的にどのように一般の人々の生活の場で登場するのかを肌身で感じるという目的もありました。その結果として、自分はやはり、人々の健康を支え、病気などを治す医薬品の開発を行なう場に自分をささげたいという想いが大変強くなり、御社への転職を志望いたしました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.