薬剤師志望動機の例文<※MR>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※MR>

薬剤師志望動機の例文<※MR>

■出産後にMRに復職する場合
出産という出来事は、自分にとって薬剤師という資格をどのように活かしていくのかを今一度考え直すきっかけとなりました。これまでのように調剤をメインとした仕事も大変やりがいがあるのですが、調剤業務は、あくまでも病院内に存在する医薬品の範囲内での仕事です。対象も病院を訪れる患者さんがメインです。しかし、私はもっと広い意味で医薬品にかかわり、薬剤師としての経験と知識を活かしながら医薬品の普及に努めたいと思うようになりました。本当に優れた医薬品は、広く世に浸透していくべきだと考えますし、これまでの慣習やしがらみを打ち破ってでも普及させるべきです。そこで、大きな役割を果たすのがMRになってくると思います。私は患者目線に立った新薬の開発と普及に力を入れている御社に共感を抱き、御社でMRとして貢献することを志望致します。

■第二新卒でMRに転職する場合
学校を卒業後は、自分の実力不足もあり、薬剤師の資格を活かした仕事に就くことができませんでした。薬剤師として何らかの仕事に就くことは可能でしたが、安易に仕事を選択しなくてよかったと今では思っています。なぜならば、薬剤師とはまったくことなる職種ではありましたが、消費者が望む商品をいかにして広めていくかを勉強する機会に恵まれました。この経験を経て、MRという職種に興味を持つことになったからです。必要とする医薬品を待ち望んでいる患者さんに対して適切な薬を提供するということと通じるものがあります。しかし、患者さんは自らの意志で服用や投与する医薬品を選択できません。あくまでもそれは医師の判断になります。つまり、御社の優れた医薬品を世に普及させるためには、MRとして医療機関と折衝することが大切だという考えに至り、御社を志望させていただいた次第です。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.