薬剤師志望動機の例文<※国立病院>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※国立病院>

薬剤師志望動機の例文<※国立病院>

■病院から国立病院に転職する場合
薬剤師として○○病院では調剤業務を主体とし、薬品の管理なども任されていました。また、処方する薬の服用の仕方や副作用のリスクなどを患者さんに対して分かりやすく、また、患者さんが不安に陥らないように説明することにも心がけてきました。国立病院は規模等あらゆる面において、今まで勤務していた病院とは異なります。調剤を主体とした業務内容ではあっても扱う薬品などは、今まで経験したことがないものもあることと存じます。そうした薬品を扱う事により薬剤師としての経験や技術をさらに高めることができるのではないかという期待を持っております。また、自分を新たな環境下に置くことによって、調剤技術を高め、スキルアップを達成しながら、御病院の薬剤師の一員として微力ながら貢献させていただきたいと考え、志望させていただきました。

■出産後に国立病院に復職する場合
出産する前も薬剤師としての業務に携わっていましたが、出産というブランクを経ても、やはり私は薬剤師として国立病院に復職したいという思いが強いので志望させていただきました。出産というブランクは、一般的には復職に際してマイナスに見られがちです。以前の私もそのように思っておりました。出産したら気持ちも変わり薬剤師としての仕事に復職することはないかもしれないと考えていました。しかし、医師や看護師、さらには薬剤師といった医療スタッフの皆さんの業務の意義深さを肌で感じながら出産するという経験を通じ、薬剤師という陰ながら医療をサポートする仕事の重要性に改めて気付かされました。出産前とは違った視点で、もう一度、薬剤師という医療スタッフの一員として貢献したいという思いが強くなり御国立病院を志望させていただきました。

■第二新卒で国立病院に転職する場合
薬剤師資格を取得した学生時代に、病院や調剤薬局などの求人に応募し選考にも臨みました。しかし、どちらからもご縁がなく薬剤師の仕事に就くことができませんでした。就職浪人などはせずに、何らかの仕事に就かなくてはならないという家庭の事情もあり、他業種へと就職しました。しかし、私が一番心から望んでいる仕事は薬剤師業務なのだという想いが年月が経つにつれて強くなってきました。調剤業務などを主体とした薬剤師の仕事への衝動は日に日に強くなりました。病院や調剤薬局などへの転職も考えましたが、同じ仕事をするにしても、設備等が整った国立病院での薬剤師業務に興味を抱くに至りました。これまでのキャリアを思い切って捨てる覚悟を決め、自分が望む薬剤師としての業務を行なうための場所として、御国立病院への転職を志望させていただきました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.