薬剤師志望動機の例文<※ネット販売>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※ネット販売>

薬剤師志望動機の例文<※ネット販売>

■病院からネット販売に転職する場合
インターネットの普及に伴って医薬品のネット販売が盛んになってきました。しかし、医薬品に対する正確な知識が無かったり、服用の方法や適量を守ることを実践しなかったりするために、予期しない副作用に苦しむ結果になることも多々あります。ネット販売業者においては、ネット販売する医薬品の正確な情報を表示することが重要です。虚偽記載や誇大広告はもってのほかですが、説明不足や副作用のリスクの表示を忘れるようなことも避けなくてはなりません。医薬品等のネット販売に関して、薬剤師のアドバイスを仰ぎ、その判断を通販サイトに反映させることは消費者に対する信頼を得ることができ、ひいては御社の売り上げ向上にも寄与するはずです。過去に病院で調剤や薬品管理を行なってきた私の経験と実績を活かすことができると考え、御社への転職を志望させていただきました。

■出産後にネット販売に復職する場合
出産のためにしばらく休職していた際、出産直前や直後は体が自由ではなかったので、医薬品やシャンプーや石鹸などの日常品の購入にネット販売サイトを利用しました。色々なネット販売業者が存在していますが、薬剤師としての経験と知識を保有する私から見て、安心して利用できるネット販売業者はそう多くはありません。ネット販売に際し、医薬品に関しては特に成分表示や効果・効能、副作用の可能性についてまで詳しく記載する必要があり、逆に丁寧に説明することで消費者の信頼を勝ち取ることができるのではないかと、出産時の私が経験したことを踏まえて感じます。ネット販売業において薬剤師の知識と経験を活かされるべきだという考えが強くなり、出産後の仕事の復帰に関しては、ネット販売業を志向し、このたび御社への復職を志望した次第です。

■第二新卒でネット販売に転職する場合
私は薬剤師の資格を取得したもののその資格を活かさずに一般企業に就職しました。もちろん薬剤師として働きたい意思はあったのですが、具体的にどのような業界で薬剤師業務をしていくのか迷っていたというのが正直なところです。ですから、まずは一般企業で社会経験を積んでから薬剤師へ転職しようと考えました。医薬品を含め様々な商品がネット販売されている現状を見て、そこに私が薬剤師として活躍できる場があるのではないかと感じ始め、前職をやめて転職する決意をしました。ネットで医薬品や化粧品、サプリメントなどが販売されていますが、消費者が安心して商品を購入できる情報を適切に開示している業者がどれだけあるかは疑問です。私は、御社に転職した暁には、薬剤師資格保有者としての知識を活かし、消費者が安心して商品を購入できるように商品説明をするなど貢献できるものと考えています。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.