薬剤師志望動機の例文<※保育園>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※保育園>

薬剤師志望動機の例文<※保育園>

■病院から保育園に転職する場合
病院での薬剤師勤務を経て、実感したことがあります。それは、乳幼児の調剤は大人以上に難しいという事です。服用できる薬の種類に限りがあり、また服用できたとしても大人に比べて容量が微量ですからけっしてミスは許されません。わずかな医薬品の量の誤差であっても副作用の誘発に繋がるなどといったことを含め、色々な危険が生じる可能性があります。しかし、同時に乳幼児が服用する薬の調剤や服用指導は、薬剤師としては大変やりがいがあるものです。将来の日本を担う子供に対する調剤や服用指導だからこそ、そのように感じる自分が存在するのかもしれませんが、子供の調剤は大変意義深く、私の天職だとも思います。こうした自分の希望を活かしながら、薬剤師としての業務に携わることができれば本望だと思う、保育園への転職を決意した次第です。

■出産後に保育園に復職する場合
出産を体験することによって、子供という存在の幸福感、ありがたさを時間することができました。こうした体験をした今となっては、薬剤師として復職する際は、子供がたくさんいる現場で働きたいと考えるようになりました。病気や怪我などで薬を服用する必要のある子供の薬の調剤をメインとした現場は小児科なども考えましたが、私としては保育園の方が自分に向いていると考えています。自分の子供もいずれは保育園に通う年齢に達します。こう考えると、御保育園に自分の子供が通っているという意識を持って業務を遂行することができると思うのです。単に調剤をするだけでなく、保育園内の衛生管理や園児の健康維持のために、薬剤師としてのこれまでの経験や実績、薬剤などに関する豊富な知識を活かし、御保育園に貢献できるものと確信しています。

■第二新卒で保育園に転職する場合
薬科大学を卒業後、私は薬剤師としての仕事をあえてせずに、一般企業に事務職として就職をし現在に至っています。昔から私は子供と接するのが好きでした。薬剤師資格を取得後は、その資格を活かしつつ子供と接触する機会のある職場を求めて就職活動をしていましたが、縁に恵まれなかったのです。年月が過ぎ、保育園でも薬剤師を常設するところが増えてくる時代が到来しました。保育園では、園児の健康管理はもちろんですが、教室など園内の衛生管理や急病や怪我をした園児に対する薬品を使った処置などが必要な場合もあります。こうした時に、薬剤師としての豊富な薬品知識や技術が役立つと思います。病気などに対する知識や抵抗力がない子供たちを保育士や親御さんと一緒に守っていくことが、保育園での薬剤師に求められていることだと自覚し業務にあたっていきたいと考えています。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.