薬剤師志望動機の例文<※公立病院>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※公立病院>

薬剤師志望動機の例文<※公立病院>

■病院から公立病院に転職する場合
今まで勤務していた病院での仕事を通じて、私は調剤業務などのスキルアップを達成することができました。しかし、私はより大きな規模の病院で他の薬剤師の皆さんから刺激を受けながらさらに自分の技術を高め、経験を積んでいきたいと考えるようになりました。こうした自分の考えを具現化させるためには、規模の大きな病院へ転職することが不可欠だと思います。大学病院や国立病院なども候補として考えましたが、都道府県や市町村といった自治体が運営し、地域医療を支える重要な位置を占める公立病院に私は興味を持っています。外科、内科、小児科など幅広い診療科を有し、それに併せて調剤する薬の種類も豊富なことから、調剤技術の向上と、様々な薬品に触れられるチャンスがあるとの期待を抱き、転職先として志望させていただきました。

■出産後に公立病院に復職する場合
出産前も一般病院で薬剤師として調剤を主体とした業務に携わっていました。出産のために休職し、出産という経験をするに至って薬剤師という仕事の意義深さを改めて確認しました。それは、出産前後に薬を服用する際に、与えられた薬を目の当たりにして実際に薬剤師の方々の支えがあることを実感することができたからです。これは、いままでは感じることができなかった感覚です。出産を機に、薬剤師の仕事を客観的に見ることができ、改めて陰から医療をサポートする薬剤師の尊さ、重要性といったものに気付かされました。そして、薬剤師という立場や業務内容に対して今まで以上に誇りを感じるようになりました。出産という貴重な体験を経ることによって、医療スタッフの一員として、地域医療を支える公立病院で働くことを志望するに至り、応募させていただきました。

■第二新卒で公立病院に転職する場合
薬剤師資格を取得したものの学校卒業後は、薬剤師としてではなく一般企業で総合職として働いていました。これは、自分の意思であえて学校卒業後に病院などに勤務して薬剤師の仕事をしないという選択をしたのです。その理由は、自分が本当に薬剤師に向いているのか、心から欲している天職なのかを自分で見極めるため、自分を見つめるという目的からでした。異業種における数年間の勤務を経ていくうちに、やはり、私が一番やりたい仕事は、薬剤師であり、管理薬剤師としてキャリアを積んでいくことだと気付かされました。また、公立病院といった地域の住民の健康を守り、地域医療を支える役割に感銘を受け、薬剤師として働くのであれば、私は公立病院だと強い想いを抱くに至りました。これまでの一般企業でのキャリアを捨て、公立病院で薬剤師として自分の力を発揮していきたいという思いでいっぱいです。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.