薬剤師志望動機の例文<※刑務所>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※刑務所>

薬剤師志望動機の例文<※刑務所>

■病院から刑務所に転職する場合
刑務所内の医療施設における薬剤師の業務は病院と同じように調剤管理がメインになることと思います。今まで私は病院で調剤や薬品管理を任され、スキルアップしながらミスをしないように心がけてきました。この経験が刑務所に転職した後でも必ずや活かされると確信しています。刑務所の被収容者は高齢者が多いと聞いております。こうした方々は服用する薬の種類が多かったり、使用できる薬に制限があったりといる特徴があります。これまでの病院勤務においても、高齢者が多く通院される病院で勤務しておりましたので、高齢者の特徴も把握しておりますし、服用に際しては不安や疑問を取り除くために説明も必要になってきますが、高齢の方々とのコミュニケーションも得意としているので、私に適した職場ではないかと思い志望させていただきました。

■出産後に刑務所に復職する場合
出産前も薬剤師として調剤をメインとした業務に携わっていましたが、出産後も調剤や薬品管理を主体とした仕事をしていきたいと考えています。ただ、職場としては環境を変えたいと思い、調剤業務が多い刑務所への復職を考えました。なぜならば、刑務所は色々な年齢の被収容者がいますが、特に高齢の人数が増えてきていると聞いております。高齢の方は持病があったり新たに病気を引き起こしたりするなどして、薬を服用する種類が多いという特徴があります。高齢の人が多い被収容者の方々の健康維持を達成していくために、刑務所内の医療施設で働く薬剤師の存在意義は重要になってくると思います。こうした責任ある立場で薬剤師として復職したいという想いが私の中では強いので、刑務所辺の復職を志望させていただいた次第です。

■第二新卒で刑務所に転職する場合
学校卒業後は、薬剤師とはまったく関係のない仕事を異業種でしておりました。その仕事を通じて、色々な方々と接触し、人間の尊さ、人との絆の重要さなどを実感しました。もちろん、刑務所内の被収容者方々にも人権があります。被収容者の多くは中年以上で高齢の方が多いということを知りました。持病を抱えながら服役される方々のご苦労を察すると、微力ながらもなんとか力になってさしあげたいという思いがございます。そういった方々の健康を支えることも大変意義深いことでやりがいを私は感じています。持病を抱え、多くの薬を服用する方もいらっしゃることと思いますが、そういった方々のために薬剤師として自分の力を発揮したいと考えます。調剤業務が多い刑務所内の医療施設での勤務を考えており、このたび転職を決意して応募いたしました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.