薬剤師志望動機の例文<※私立病院>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※私立病院>

薬剤師志望動機の例文<※私立病院>

■病院から私立病院に転職する場合
薬剤師として○○病院で調剤業務などをメインに、薬品の管理なども任されていました。いままでは私は私立病院で勤務した経験がありません。しかし、大学病院や国立大学のような大規模病院とはことなり地域社会に根差した私立病院の存在に以前から興味を持っておりました。より患者に身近な環境下で薬剤師として自分の力を発揮していきたいという思いをここ数年になって強く感じるようになってきました。自分のこうした正直な気持ちを具現化させるために、思い切って環境を変えて私立病院に転職する決意をした次第です。いままで薬剤師として働いてきた実務経験を転職後にも活かすことができると確信しています。また、転職後にはさらなるスキルアップを目指して御病院に一日でも早く貢献できるように努力していきたいと考えております。

■出産後に私立病院に復職する場合
薬剤師としての仕事を自分なりにつかみつつあると感じていた時に出産を迎えて休職することになりました。最初は、出産によるブランクが復職の際のマイナスになるのかもしれないと思いました、実際に生まれたばかりの子供を抱いてみると、命の尊さを感じ、このような子供たちのためにも薬剤師の仕事を続けようという想いが強くなりました。また、出産の際に医師や看護師などの医療スタッフの皆さんにはお世話になりました。私は出産という立場ではありましたが、病院には様々な病気や怪我で訪れる患者さんがいます。こうした患者さんたちにお出しする薬は、最終的には薬剤師の調剤等を経てから行き渡ることとなるわけですが、それだけ重要な立場である薬剤師という業務に改めてプライドを持つとともに、地域に密着した御病院へ薬剤師として復職することを強く希望します。

■第二新卒で私立病院に転職する場合
薬剤師の資格取得後は、薬剤師という仕事に就くために活動をしていましたが、なかなか自分が希望する理想的な職場を探すことができませんでした。その結果、まったく異なる業界で事務職をしていままで時間が経過してしまいました。昨年、病気で通院した時に色々な薬を服用してすぐに体が良くなったのですが、服用する薬を目にするたびに、薬剤師という職種の方々の存在が目に浮かびました。薬を受け取った際にいただいた薬剤師さんからの温かい一言も心に残りました。こうした経験を経て、やはり、自分は本当は薬剤師として生きていきたいということを改めて感じました。変な理想やプライドは捨て、地域に密着したアットホームな医療機関である私立病院へ転職して薬剤師として自分の力を発揮していきたいという考えに至り、応募させていただきました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.