薬剤師志望動機の例文<※SMO>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※SMO>

薬剤師志望動機の例文<※SMO>

■病院からSMOに転職する場合
私はこれまでの間、病院で薬剤師として調剤業務や薬品の管理の仕事を任されてきました。実際に医薬品が患者さんに行き渡る部分において、大変貴重で意義深い仕事に携わってくることができ誇りに思っております。しかい、調剤等の業務に長年携わってきて、自分としては環境を変えて、また異なる経験を薬剤師として積み上げていきたいと思うようになりました。同じ医療機関で勤務するにしても、SMOでの業務は今までとは全く内容が異なってきます。新薬の開発などに大きな役割を果たす治験で薬剤師としての経験と知識を活かすことができることを望んでいます。試験実施中に医療機関で過ごす被験者とのコミュニケーションは非常に重要なことですが、人とのコミュニケーションを大切にこれまでも業務を行なってきた私にとってもってこいの職場であると自負しております。

■出産後にSMOに復職する場合
私はこのたび初めての出産を経験してSMOへの復職を決意するに至りました。出産前後に、医薬品の服用もしなくてはならない状況になり、出産を間近に控えていた私は不安でしたが、医師や看護師、そして薬剤師などの方々の励ましもあり、最終的には安心して服用できました。それだけ、医薬品に対する安全性が確立しているという事であり、改めて日本の医療水準の高さを感じました。出産前までは、私は薬剤師として調剤を主体とする業務に携わっていましたが、出産時の経験を経て、医薬品の開発になんらかの形で関わりたいと思うようになったのです。特に、医薬品の開発には欠かせないSMOにおける治験の被験者のケアはとても大切なことです。私も出産時に医薬品の服用に関して不安を感じたように被験者も少なからず不安があるはずです。こうした方々に安心して治験に参加していただくために私の経験が活かせればと思います。

■第二新卒でSMOに転職する場合
薬剤師の資格を取得して学校を卒業した後、私は薬剤師として仕事をしませんでした。それは、SMOで自分の力を発揮したいという希望があったからです。卒業後にその夢はかなわなかったので、まったくことなる業界で事務職として働いていました。年月が経過するとともに、私の心の奥底からSMOへ転職して、新薬開発のために治験に参加する被験者と接触して新薬などの開発に貢献したいという想いが強くなってきたのです。直接、新薬の開発や基礎研究にかかわることも魅力はありますが、私はどちらかというと医療機関であるSMOで被験者のコミュニケーションを中心とした業務により興味があります。前職でも周りのスタッフをはじめ人々とのコミュニケーションを大切に考えてきた私の性格が活かされると確信し、志望させていただきました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.