薬剤師志望動機の例文<※省庁>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※省庁>

薬剤師志望動機の例文<※省庁>

■病院から省庁に転職する場合
私は今まで病院に勤務し、外来患者さんの調剤や入院患者さんの常用薬の確認、医薬品の安全管理などをメインに行なってきました。薬剤師としてのスキルと経験は日々身についてきたという実感があります。薬剤師の活躍の場は、病院や薬局、ドラッグストアがほとんどで、実際、私も病院という現場にいたわけですが、社会生活を支える行政機関で公務員として働いて、社会に貢献したいという想いが強くなり、省庁への転職を志望しました。業務内容が病院での内容とは異なり、多岐にわたり、医療現場ではない職場で薬剤師として活躍できるという貴重な位置づけでもあり、私としては大変興味を持っております。国家公務員としての意識を持って、法令作りをはじめとする薬事行政に関わり、広く国民生活に貢献できることを願い志望させていただきました。

■出産後に省庁に復職する場合
出産を機に、家族や友人、医療スタッフだけでなく、市役所などの公的機関でも色々とお世話になりました。また、国からの補助金など様々な形で出産を迎えることが出来ました。人間が生きていくためには色々な人々の支えがあるという事を身をもって感じました。また、省庁や市町村役場などをはじめとした公的機関の役割も非常に重要なものであるという事が分かりました。私は、出産を経験することによって、一人の薬剤師として、自分のキャリアを単に調剤業務などで終えるのではなく、もっと社会に広くかかわる仕事をしていきたいと思うようになりました。その考えを少しずつでも具現化させていくためには、省庁に薬剤師として勤務し、法令作りをはじめとする薬事行政に関わっていくのがベストだという考えに至り、今回応募させていただいた次第です。

■第二新卒で省庁に転職する場合
私は薬剤師資格などを保有していながら、学校卒業後は資格を活かした就職をしませんでした。いざ、薬剤師資格を取得したものの、本当に自分に向いてる仕事なのかとも感じたからです。「職業に貴賤なし」という言葉があるように、どのような仕事でも社会に貢献することはできます。しかし、私は薬剤師の資格を活かしつつ、広く社会に貢献できる仕事はないものかとずっと考えながら仕事をしてきました。ここにきて、省庁へ転職し、法令作りをはじめとする薬事行政に関わっていくことができれば、私の本望だと思うようになりました。薬事行政は国民の健康を守っていく上で非常に重要な事です。このことに私が微力ながら貢献していくことができればと思い、前職のキャリアを思い切って捨て、転職する覚悟を決め、このたび志望させていただきました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.