薬剤師志望動機の例文<※商社>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※商社>

薬剤師志望動機の例文<※商社>

■病院から商社に転職する場合
国際化・グローバル化にともなって商社が扱い商品も多様化してきているはずです。中には、国内外の様々な製薬会社が開発し販売している医薬品なども含まれることと存じます。こうした医薬品を扱うにあたっては配合成分などを把握して販売時には薬局や医療機関などにしっかりと説明をしなくてはなりません。また、食品などの場合には衛生管理や含まれる成分などの検査などもしなくてはなりませんが、こうした際に薬剤師が果たす役割は非常に重要であると考えます。私は病院での薬剤師経験があり、調剤業務や薬品管理などを行なってきました。こうした経験が、御社へ転職した際に活かすことができると確信しております。そして、消費者が安心して使用できる医薬品などを流通させるために自分が御社で貢献できることを願っております。

■出産後に商社に復職する場合
出産時、薬剤師という職種から離れ、客観的に自分の職業について考える時間を持つことができました。今までは病院での調剤や薬品管理が主な仕事でしたが、薬剤師として社会に貢献していくことができる仕事は他にも色々あることが見えてきました。その中の一つが商社での薬剤師という存在です。商社は扱う商品の種類や規模が一般の企業とははずれです。流通させる商品の良し悪しが社会や市場に与える影響やインパクトは大きいものがあります。つまり、商社で働く薬剤師が果たす役割は非常に大きく、責任重大であるということです。それだけにやりがいもある仕事だと私は思います。御社が扱い世に流通させる医薬品などの安全性を判断し、実際に商品を流通させる際には、クライアント様に適切な商品情報を分かりやすく伝えるという仕事に魅力を感じ商社での復職を志望しました。

■第二新卒で商社に転職する場合
薬科大学を卒業後、私は薬剤師として社会で働く機会に恵まれませんでした。病院や診療所などでの調剤を主体とした業務には興味がなく、薬剤師としての資格を活かしながら、もっとダイナミックに社会にかかわる仕事をしたいという考えがあったからです。しかし、学校を卒業後はそうした自分の希望を実現させる仕事には巡りあうことができませんでした。しかし、一般企業で営業や販売の仕事を経験することをきっかけにして、商社に薬剤師として転職したいという考えに至りました。商社では流通させる商品を色々と扱うわけですが、中には医薬品もあります。その医薬品に関しては、流通に際してはメーカーさんから託された薬の説明などを先方に正しく分かりやすく伝達することが重要です。こうした重要なポジションで薬剤師として商社で働くことに興味を抱き、転職する覚悟を決め応募させていただきました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.