薬剤師志望動機の例文<※大学病院>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※大学病院>

薬剤師志望動機の例文<※大学病院>

■小さい病院から大学病院に転職する場合
薬剤師として○○病院では、主に処方箋に基づいて調剤を行い、薬品の管理を任されていました。そのほかにも細々とした雑務なども行っていましたが、私は薬剤師として調剤業務をさらに極めていき、管理薬剤師になれるようにさらに自分の技術を磨き、経験を積んでいきたいと考えています。その考えを具現化するためには、御大学病院に転職することがベストだという考えに至ったために御病院を志望させていただきました。前勤務先の○○病院とは異なり、御大学病院は規模が大きく、患者さんの数も桁が違います。扱う調剤件数やその種類も多岐にわたることと思います。このような環境下で、他の先輩薬剤師の皆さんのご指導を受けながら、自分の調剤技術をさらに高めると共に、御大学病院の薬剤師の一員として微力ながら貢献させていただきたいと願っています。

■第二新卒で大学病院に転職する場合
薬剤師資格を取得したものの学校を卒業した後、薬剤師としての業務には携わらず、一般的な事務職の仕事を3年間しておりました。しかし、事務職に慣れ始め、就職3年目となった昨年、やはり、自分が本当にやりたい仕事は薬剤師の資格を取得した当時と同じで、調剤業務などを主体とした薬剤師の仕事なのだと強く感じるようになりました。薬剤師資格が無駄にしたくないという思いも正直あります。しかし、それ以上に大きいのは、大学病院のような大きな場所で他の薬剤師のみなさんから色々な刺激を受け、切磋琢磨しながら自分の薬剤師としての技能を高めてスキルアップさせていきたいということです。これが私が本当にここから臨むことだと気が付いたので、思い切ってこれまでのキャリアを捨て薬剤師として大学病院へ転職する覚悟で参りました。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.