薬剤師志望動機の例文<※卸売>

薬剤師志望動機TOP >> 転職先別の例文 >> 薬剤師志望動機の例文<※卸売>

薬剤師志望動機の例文<※卸売>

■病院から卸売に転職する場合
私はこれまで一般病院で薬剤師として勤務してきました。調剤や薬品管理が主たる業務であり、大変やりがいと誇りを感じながら仕事に携わってきました。しかし、私は薬剤師としての仕事の幅をさらに広げるために、このたび、御社への転職を希望致しました。御社のように卸売を行なう際、倉庫内での製品の保管管理も重要になってきますし、医療機関や薬局に医薬品を販売する際に、先方に適切な情報を提供することも求められます。こういった状況において、薬品などに関する豊富な知識を持ち、実際に薬品管理などに携わってきた私の経験や実績が活かされると考えています。デリケートな医薬品の管理や取引相手と意図せずして違法な取引が行われることなどがないように徹底して情報や製品の管理を行なうという医薬品卸の薬剤師に興味を持ち応募させていただいた次第です。

■出産後に卸売に復職する場合
出産を機会としてこれまでの自分の薬剤師としての経験やこれからどのように仕事をしていくかということを考える時間を持つことができました。普段何気なく購入して使用している市販薬にしても薬剤師が重要な役割を果たしているんだという想いに至り、医薬品卸の薬剤師として復職することに興味を持ちしました。一般の消費者は私のように医薬品の知識がありませんから、医薬品に関する情報を医療機関や薬局などに卸売する際に、しっかりとした説明をしておかなくては、最終的には消費者まで正確な情報が形で行き届かないと思います。それだけ医薬品の卸売における薬剤師の役割は重要です。私は、今までのような調剤を主体とした業務ではなく、御社のような場所で、医薬品に関する正確な情報がエンドユーザーまで伝わり、安心して使用していただけるように尽力することに意義深さを感じ、応募させていただきました。

■第二新卒で卸売に転職する場合
前職では一般企業で営業職として働いていました。自社の製品についてよく知り愛着を持ち、その良さを心から理解して取引先へとアプローチし契約に結びつけていました。こうした経験を踏まえ、御社に転職した暁には、薬剤師としてのプライドを持って業務に取り組んでいきます。医薬品の卸売となると、自社製品ではなく他メーカーさんの医薬品を医療機関や薬局などに紹介し販売していくことになりますが、本質は前職で私が行っていたことと変わらないと思っています。メーカーさんとの信頼関係を維持し、薬に関する情報をしっかりとお聞きし、薬剤としての視点を活かし、単にその医薬品の知識のみならず、開発の想いも汲み取って良さを心から感じとって取引相手に自分の言葉で伝えていきたいと考えています。メーカーさまの想いを取引先にしっかりお伝えし、結果的には御社へ貢献できるように薬剤師としてさらに成長していけたらと考えます。

薬剤師の志望動機もレクチャー!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤師志望動機ナビ【※志望動機の例文をレクチャー】 All Rights Reserved.